Blog and News

大塚駅から徒歩5分、東池袋駅から徒歩8分の春日通り沿いにたたずむ
【PASTA E VINO KEI パスタ エ ヴィノ ケイ】。
九段下【トルッキオ】などで経験を重ねたシェフによるパスタとワインが
中心のイタリアンを、カジュアルに味わうことができます。

バッカラマンテカート 東池袋Pasta e Vino Kei

2018.11.07.

 

こんばんは!(^^)!

 

東池袋Pasta e Vino Keiのオーナーシェフ

岩井です。

 

ノルウェー産のバッカラ(塩漬け干し鱈)を仕入れました(^_-)-☆

 

バッカラは主に大西洋産のタラ(メルルーサ)を北欧で干物にしたもので

金曜は肉を食べない、というキリスト教のおきてのために、

肉の代わりとして食べていたそうです。

 

バッカラbaccalàはかなり個性的な食材で
イタリア産ではないのに、イタリアにすっかり溶け込んで、

もはや外来の食材とは気がつかないくらいです。


魚なのに山の上の地元料理になっていたり、

干物なのに、新鮮な魚が獲れる海辺の名物料理になっていたりと、

とにかく国中に根を張っています。

写真は、ノルウェーのバッカラ工場です。

コチラの写真は

今日、塩抜きする寸前の1kgのバッカラです。

 

 

このバッカラを使って

 

ヴェネチアの郷土料理バッカラマンテカートを
作ろうと思います。

 

作り方は、シンプルで

バッカラを3日間塩抜きしながら水で戻し、茹でて身をほぐして、

骨や皮を除いてもう一度茹で汁に戻して火にかけ、

木べらで混ぜながら水分を飛ばしオリーブオイルを少しづつ加えながらマンテカーレ

(よく混ぜてクリーミーに乳化した状態にすること)して作ります。


牛乳や生クリーム、じゃがいもなどを加えて作るレシピもありますが、

古典的なレシピではオリーブオイルだけで練っていきます。

 

 

 

 

実は、数日前にもチャレンジしたんですが

塩抜きに失敗してしまいまして・・・(笑)💦

かなりの塩分で仕上がりました。

 

なんとか食べられる塩分にしようと思って

 

じゃが芋、

玉葱、

マッシュルームを次々に

加えていき、何とか許容範囲に持って行く事が出来ました。

 

で、この二日間、おススメパスタとして

登場させました。

 

このペーストをブイヨンでのばして緩めにして

茹であがったスパゲッティに絡め

上からカリカリに炒ったパン粉をたっぷりとかけて提供しました。

お客様にも大変好評でとても嬉しかったです(#^.^#)

写真は今日のおススメパスタのソース

バッカラと野菜のペーストをブイヨンでのばした状態です。

ランチ中に何とか撮影しました。

 

 

 

残念ながら

出来上がりの写真は

撮り忘れました。

すいません<m(__)m>

 

 

 

とにかく、

塩抜きの失敗から

塩抜きの重要性を学びましたので

次こそはジャストミートした塩分で美味しく

作ります。

 

期待してて下さい(^_-)-☆

 

只、

イメージ通りに美味しく出来上がったら

今回みたいなパスタにすることはないと思います。

 

パスタとして食べたい方がいらっしゃったら声かけて下さい。

複数名いらっしゃればおすすめパスタとして

メニューにのせます。

 

 

 

それでは、今日はこのへんで失礼致します。

 

おまけ:

 

昨日の深夜に仲間と食べてしまった

雲吞麺。

旨過ぎたけど次の日後悔💦

                         Kei

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップ