Blog and News

大塚駅から徒歩5分、東池袋駅から徒歩8分の春日通り沿いにたたずむ
【PASTA E VINO KEI パスタ エ ヴィノ ケイ】。
九段下【トルッキオ】などで経験を重ねたシェフによるパスタとワインが
中心のイタリアンを、カジュアルに味わうことができます。

和牛(仙台牛A5)ボロネーゼのソースの作り方(レシピ) 大塚・池袋・東池袋 Pasta e Vlno Kei パスタ&ワインバル

2021.03.30.

おはようございます(^.^)

 

オーナーシェフ岩井です。

 

本日は

最近登場させて週末に特に人気のある仙台牛のボロネーゼのソースの作り方を紹介していきます。

 

 

 

 

 

【材料】

 

・玉ねぎ           1500g

・にんにくみじん切り   100g

・仙台牛後ろすね肉(ともすね)     3000g

・塩                 36g

・黒胡椒          適量

・赤ワイン       600cc

・トマトホール  2550g

・ローリエ、ローズマリー、クミン、カスリメティ、黒胡椒粒

各適量

・パルミジャーノチーズの皮の部分  適量なければ省略しても良い

 

 

①大きな鍋に玉ねぎみじん切りとひまわり油適量入れて炒める。

およそ15分くらい。甘くなってきて、シャキッとした歯応えがクニュッとしてきたらOK🆗。

 

 

 

②にんにくのみじん切りを投入して炒めていく。

数分間。焦がさず香りを引き出す。

 

③あらかじめ切っておいた和牛のともすねを炒める。

志塩と黒胡椒もちゃんと忘れずに‼️

 

 

 

※なるべく厚いフライパンが良いですね🎵

または、鉄板でも。薄いフライパンは美味しく仕上がらないのでやめた方が良いです。

 

④炒まったら玉ねぎの大鍋に入れる。

そして、フライパンに赤ワインを投入火にかけ沸いたら大鍋に移し入れる。

念のためフライパンに少しの水を入れて旨味をこそげとり大鍋に移し入れる。

 

⑤トマトホールを濾して入れる。

 

⑥スパイスを投入。

 

パルミジャーノチーズの皮の部分

を投入。

 

 

 

その後強火にして沸騰させる。

沸いたら蓋をしてオープンに入れて柔らかくなるまで煮る。150℃くらいかな。

3時間くらいは煮込んだ方が良いと思いますが

状態の判断は自己責任のもと行ってください。

 

 

仕上がったら氷水にかまして急冷。

一晩寝かせて翌日から使えます‼️

※そのままでもいけますが寝かせた方が深みが増すような気がします。

 

 

それでは良かったら作ってみて下さい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップ