Blog and News

大塚駅から徒歩5分、東池袋駅から徒歩8分の春日通り沿いにたたずむ
【PASTA E VINO KEI パスタ エ ヴィノ ケイ】。
九段下【トルッキオ】などで経験を重ねたシェフによるパスタとワインが
中心のイタリアンを、カジュアルに味わうことができます。

4/20日 賄い トマトとバジリコとろーりチーズのスパゲティ

2018.04.20.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「トマトとバジリコとろーりチーズのスパゲティ」です。

暑い日が続きますが明日はもっと暑くなるそうです、そんな中出た賄いがこちらのスパゲティです。

チーズは今やかなりポピュラーな食材ですが、日本に入って来たのは江戸時代頃で超高級食材で一般の人々は食べれなったそうです、

実際に食べられるようになったのは戦後からだそうで、まずはチーズケーキから始まりお菓子からブームが付いて行ったと言う珍しい食材だそうです。

まずは一口食べると濃厚なチーズとそれにベストマッチするトマトのソースが旨みを相互作用させバジリコの香りがフワリと余韻を残す正しく料理の三銃士!スキが無い構成から繰り出される攻撃に一口また一口とフォークを繰り出す手が止まりませんでした。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。

 

 


4/19日 賄い スミイカの豆板醤パスタ

2018.04.19.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「スミイカの豆板醤パスタ」です!

暑い!急に暑くなって来ましたね、そんな中熱い賄いが出てまいりました、火を噴くと言えば中華豆板醤を使ったパスタ!「スミイカの豆板醤パスタ」が本日の賄いでございます。

オーナーのKeiさんがランチメニューで中華風パスタを作る際に買いすぎてしまった豆板醤をパスタに入れ中華の味に仕立てたこちらのパスタ!

お味の方とは言うと!

一口食べるとブワッと香る豆板醤の風味と共にアンチョビのほのかな後味が染み渡る、そこへ食感が豊かなスミイカがこれまた醬と合う感じに仕立てられており固めに茹であげられた麺と共にモリモリと食べれてしまいました、正しく暑い日の熱いパスタ!

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。

 


4/18日 賄い スープパスタ

2018.04.18.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「スープパスタ」です!

急に寒くなったりまた今週は真夏日があったり、歓迎会などで胃などもお疲れの方もいらっしゃると思いますがそんな中出た賄いがこちらの「スープパスタ」でございます。

まるで温泉地の如くモワモワと立ち昇る湯気の中にプカプカと浮かぶ麺達が気持ちよさそうに湯に浸かっております、見た目からも癒し効果があるこちらの賄いですが、まずは一口食べると..!

日本人に優しい和風仕立てでほっこりと体が温まりスルスルと麺もすすれてしまいます。

何とも優しい賄いでした。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。

 


4/15日 賄い モッツァレラパンとビスマルクパン

2018.04.15.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「モッツァレラパンとビスマルクパン」です!

今や日本には様々な惣菜パンなどがございますが、イタリアンレストランならではの惣菜パンが本日の賄いです!

たっぷりのチーズにパスタがトマトソースに纒わられたものが乗ったナポリドッグの様なモッツァレラパンと半熟卵とチーズが乗ったマヨネーズで味付けされたパン!

一口食べると方やトマトとチーズの旨みが口内に広がりパスタとパンの二色の歯ごたえ更にトロトロの黄身が一口かじるとパンから溢れんばかりに吹き出し卵好きにはたまらない味付け、洋風されど学食に走った毎日を思い出すかの様なノスタルジックな味わいでした。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino keiにて皆様のご来店お待ちしております。


1 / 7112345...102030...最後 »
ページトップ