Blog and News

大塚駅から徒歩5分、東池袋駅から徒歩8分の春日通り沿いにたたずむ
【PASTA E VINO KEI パスタ エ ヴィノ ケイ】。
九段下【トルッキオ】などで経験を重ねたシェフによるパスタとワインが
中心のイタリアンを、カジュアルに味わうことができます。

63℃で調理した鶏レバー パスタ&ワインバル Pasta e Vino Kei 大塚,東池袋店

2020.12.31.

おはようございます。

オーナーシェフ岩井です‼️

 

 

本日は、

低温調理器を使用して作った鶏レバーのおつまみを

紹介していきます‼️

 

 

材料

 

・鶏レバー   500g

・塩                    5g

・黒胡椒          適量

・ゴマ油          30cc

・ガーリックオイル 30cc

 

ジップロック的な袋  5枚

牛乳        レバーが浸る程度

 

 

 

①レバーを軽く洗ってボウルに入れ牛乳をヒタヒタに注ぎ

落としラップをして30分くらい置く

 

 

②レバーを牛乳から取りだし水洗いし水気を拭き取る。

③レバーを一口サイズに切っていく。ハツが入っていたら縦半分にきり中の血を拭き取る。

④ペーパータオルで水気をよく拭き取る。

⑤ボウルに材料を全て入れてよく和える。

⑥ジップロック的な袋に小分けにしていれていく。

⑦なるべく空気を抜いて閉じる。

⑧63℃の温度のお湯を低温調理器でキープしつつ、1時間火を入れる。

⑨氷水にとり、急冷する。しまう。

仕込みは以上。

 

皿に盛り付け、

 

ゴマ、オリーブオイル、万能ネギの小口切り、おろし生姜をのせる。

 

この頃お気に入りの前菜です。

食感がなんとも言えない感じです。

生ではありませんが、ボソッともせず、クニュっと歯が入っていく感じです。

味は、レバ刺のイメージに近いかも知れません(笑)

絶賛提供中ですので是非とも食べに来てください(^.^)

 

 

それでは、本日も元気にいきましょう\(^-^)/

 

Kei

 

 

 

 

 

 

 

 


手打ちパスタスパゲットーニカルボナーラ 大塚・東池袋 Pasta e Vino Keiパスタ&ワインバル

2020.12.15.

おはようございます(^.^)

オーナーシェフ岩井です‼️
今日は定休日だったんですが
粉もの三昧でした。
昼食は、
亀有『五葵』の吉田のうどん。

このボリュームで880円。
魚粉いり肉うどん
美味しかったです。
夜は、
手打ちのパスタ スパゲットーニカルボナーラ

美味しく出来ました‼️
本日は作り方を紹介致します。
スパゲットーニ  3人前  仕上がり  456g
岩手県産強力粉『ゆきちから』 300g
水                                                      150g
塩                                                       6g

スパゲットーニ  300g

※雑然としててお恥ずかしい写真をのせてしまい申し訳ございません‼️
【フライパン】
サラダ油  20cc
ベーコン  100g
にんにくみじん切り  1片分
舞茸          50g
シメジ        100g
白ワイン    30cc
水               100cc
【ボウル】
全卵           2個
卵黄             2個
牛乳            50cc
シュレッドチーズ    70g
黒胡椒         好きなだけ
チキンコンソメ  味を見て足りなければ。

フライパンにベーコン、サラダ油を入れ香ばしく炒める。
半分くらいのところでにんにくも入れて炒める。
キノコも少ししていれる。
白ワインを入れて煮詰める。
水を入れる。
→フライパンの部完了
ボウルにすべての材料入れて混ぜ合わせる。
→ボウルの部完了
大きな鍋に2リットルの湯を沸かし塩20g入れる。
そこにスパゲットーニを入れて茹でる。
茹で上がったらフライパンにパスタを投入して
ボウルの中身をゴムベラで全て入れて弱火にかける。
卵白も入っているので慎重に慎重に。
とろみがついてきたら味を見て足りなければチキンコンソメなどで整える。
→完成

手打ちのスパゲットーニがもちもちもちもちして最高な出来上がりでした‼️
家庭にありそうな物達でやりました‼️
シュレッドチーズだと、少し物足りない感じでした。たまたまあったキノコを入れましたがこちらは良い感じでした‼️
それでは、また。
                                                                Kei

 


トピナンブールとは? 大塚・東池袋・池袋 Pasta e Vino Kei

2020.11.18.

こんばんは🌙😃❗

 

オーナーシェフ岩井です。

 

先日、市場で菊芋(イタリアではトピナンブールと呼ぶらしい。)なるものを勧められて買ってきたんですが、それがなんともゴツゴツしててゴボウのような土臭さもあって使いづらそうだったんですが、今日賄いで使ってみて美味しかったのでここに書きます。

本日の賄いは『たっぷりタコミンチとキャベツ、トピナンブールのスパゲッティちょいトマペペロンチーノ』 でした‼️
トピナンブールは、あったから入れただけなんですが
これがまたなかなか良かったです。
クワイのようなしゃきしゃきとした食感で面白かったです。
ただ残念なのは金平糖みたいな感じの凸凹があって皮を剥くのが時間がかかりすぎるという点です😭
フレンチとかでは、ピューレーにしたりしてなんかのソースであったり付け合わせとかにするらしいです。
まぁ、そこまで私のワンオペのお店で出来るかは分かりませんが、なんとか使いこなしてみたくなった食材でした‼️
それではまた。                                     Kei

 


ページトップ