Blog and News

大塚駅から徒歩5分、東池袋駅から徒歩8分の春日通り沿いにたたずむ
【PASTA E VINO KEI パスタ エ ヴィノ ケイ】。
九段下【トルッキオ】などで経験を重ねたシェフによるパスタとワインが
中心のイタリアンを、カジュアルに味わうことができます。

11/14 賄い 白子うどん

2017.11.14.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。
本日ご紹介させて頂きますのは「白子うどん」です!
季節が移り変わり旬の素材が賄いにも登場することになりました、本日は何とどかっと白子が乗っております。
自分は実は糖尿病なのでプリン体が多い食材やビールなどをなるべく取らない食生活をしておるのですが、たまには思いっきり食べてみたいと思っていたのが白子でございます、家でも妻が余り好まないのでまず食べないので。
フワフワっのトロトロの白子に様々な出汁が出ているスープが溶け込みまるで海の宝石の様な味でプリン体を除けば低カロリー高タンパクそしてビタミンなど栄養素がたっぷり凝縮された脂肪ならぬ至宝の輝き!舌に溶け込むその味をたっぷりと堪能させて頂きました!
ちなみに糖尿病生活一年以上の自分ですが、たまには思いっきり好きな物を食べるのも良い見たいです食事制限のストレスも血糖を上げる見たいなので、またしばらく節制して来月の年末年始に好きな物を食べる為に頑張ります。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランpasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。


11/12日 賄い 二種の海藻と四種の野菜のうどん

2017.11.12.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「二種の海藻と四種の野菜のうどん」です。

正しくその見た目は海上の野菜畑!ほっこりと湯気が立つ中野菜たちが浮いております、本日は昨日の昆布出汁に加え鰹出汁が効いているうどんでございます。

日本人と鰹の歴史は古く縄文時代まで遡るそうです、鰹出汁が歴史に登場したのは室町時代そして鰹節が発明されど盛んになってきたのが江戸時代だそうです。

味の方はと言うとしっかりとブシで味付けされたスープの中に様々な野菜の旨味が放出されアッサリながらも濃厚正しく海の生命の命の輝きを流し込む様な素晴らしい味でそれを食している最中に鰹を揚げて頂き鰹の竜田揚げが飛び込んで来て正しくカツオ漁さながらの賄いでした。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。

 


11/11 賄い 刻み昆布卵白うどん

2017.11.11.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「刻み昆布卵白うどん」です!

冬に近づき寒さが増す日が続きますが、そんな中登場したのがこちらの賄いでございます。

昆布の歴史は古いのですが江戸時代に発展が著しく関東では鰹出汁関西では昆布出汁と発展して行きました!

何故かと言うと海の水質の違いで高度が低い海の方が昆布の旨味が強く大阪の方で発展したそうです。

ミネラルや食物繊維 ビタミンなどが豊富で優しい出汁が出る昆布こちらをふんだんに使ったうどんは深みのある優しさと言うか正しく大海の旨味

優しい海の抱擁に包まれる様な優しい味わいでした。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。


11/10 賄い トマトモッツアレラビゴリとごますり団子

2017.11.10.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「トマトモッツアレラビゴリとごますり団子」です

お店のスペシャルパスタに使われる手作りビゴリを持ちいたパスタが何と賄いに出てまいりました。

ビゴリはベネチアなどで良く食べられるパスタだそうですがその麺のコシと厚みが何とも濃厚なソースに良く合い何とも食べ応えがあるスペシャリティな味わいとなっておりました、そこへお客様から頂いたごますり団子も加わり口の中で広がるアンコの洪水にダブルの濃厚さとフレッシュさでダブルノックアウトな賄いでございました!

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。


11/9 賄い トマトヴィネガーリーパー

2017.11.09.

皆様こんばんわスタッフのIkkiです!本日の賄いコーナーを始めさせて頂きます。

本日ご紹介させて頂きますのは「トマトヴィネガーリーパー」です!

すみません正式名称をど忘れしたのでうろ覚えで名前を書いて見たのですがこちらのパスタが本日の賄いでございます。

パッと見た目いかにも毒々しいニュアンスを受けますがまずは一口食べて見ました!

口に広がるトマトの酸味とカラシビの痺れヴィネガーが口の中に広がりされど食べやすい口当たりでズバズバと食べれてしまうのですがパスタの奥底にたどり着く程酸味が強くなり正しく酸味の地獄深淵なる何層にも重なった酸味が唯酸っぱいので無く深みのある酸っぱさと言うのでしょうか酸味のオーケストラに踊り食わされる感じでした。

美味しく頂きました!ご馳走様でした。

それでは今日はこの辺で東池袋サンシャイン近くのイタリアンレストランPasta e Vino Keiにて皆様のご来店お待ちしております。

 


ページトップ